Grand opening, up to 15% off all items. Only 3 days left

"Nagoya Kiri General Election" begins! Local writers are voluntary forecast (Toshiyuki Otake) -Person -Yahoo! News

Voting on the net from 28 items+α with a wide variety of "Nagoyashi"

"100 million Nagokeshi General Election 2022" has begun.The project is that everyone can vote on the Internet to "I want to eat" and "I want to eat" online, and the period is about 30 days from January 31, 2022 to March 1, 2022.After counting, the results will be announced on March 4th.

The entry (voting target) Nagoya Meshi (the name of the planning title and the organizer is "Nagoya -Yes", and the other 28 items are written as "Nagoya Meshi" in the text).Other things can also be voted from the free entry field.

Hitsumabushi, miso stewed udon, miso cutlet, chicken wing, kishimen, ankake spa, heavenly boiled, teppanyaki, teppanyan ramen, miso oden, Kokura toast, shrimp fry, demon manju, morning, curry udon, Nagoya cochin, Uiro (Uiro)., Ebisenbei, Moriguchi pickled, Taiwanese maze soba, coffee zenzai, shrimp grated udon, rolling (kishimen / udon), shin no rice udon, Vietnamen, ton -chan, stewed pandeme.

While the famous Nagoya local gourmet that everyone knows is lined up, the dishes that are hardly known in other areas, and the menus that even locals feel, "Well, is this only for Nagoya?"It is widely lined up.In any case, the fact that local gourmet gourmets are so varied is a major feature of Nagoya meals.

Instead of winning the championship, explore the scope of "this is" Nagoyashi ""

優勝メニューを一品決めるというよりも、今、人々が認識する“なごやめしの範囲”を確認したいと考えています」というのは主催するなごやめし普及促進協議会。

「なごやめしには様々な解釈があり、誰が決められるというものでもありません。しかし、なごやめしを語るには、何がなごやめしかを説明する必要がある。そこで、2015年に当協議会を設立した際、様々な意見やメディアの情報を総合し、いったん幅広い候補メニューとして提示したのが今回と同じ28品です。投票は1日1回8品まで。一品だけとなるとどうしても王道や認知度の高いメニューに票が集中してしまいますが、複数投票できることで、幅広いなごやめしの範囲を探ることができます」

地元の人はもちろん、なごやめしを食べたことのない人、名古屋に来たことがない人にも参加してもらいたい、とも呼びかけます。「投票をきっかけになごやめしに興味を持ってもらい、現地での食体験につなげていただきたいと思っています」

投票者への特典も多数。最大5000円のギフト券が当たり、フォロー&ハッシュタグ投稿でカタログギフトが当たるキャンペーンを展開。さらに総選挙応援サポーターである名古屋グランパスと名古屋おもてなし武将隊が、それぞれ名古屋めしの動画をTwitterでアップするなど、あの手この手で総選挙を盛り上げます。

Analyze trends from past Nagoya Mushi Ranking

By the way, it is said that the purpose of the election is not to be superior to the ranking, but it is one of the ways to enjoy the election to predict voting results.So, for 30 years of interviews in Nagoya Meshi, the author, who is nicknamed "Akira Ikegami in the Nagoya Meshi World", will be boldly anticipated.

First, we will analyze the trend from the Nagoya Mushi Ranking in the past.

□ All About "What is the local gourmet that comes to mind when you hear Nagoya?"

3つのランキングに共通するのは「ひつまぶし」「味噌煮込みうどん」「味噌カツ」「手羽先」が4強として盤石の強さを誇ること。筆者はこれを「名古屋めし四天王」と呼んでいます。

「きしめん」「あんかけスパゲティ」「台湾ラーメン」の麺類が第2グループとしてこれに続き、「天むす」「小倉トースト」「モーニング」「名古屋コーチン」「エビフライ」もベスト20の常連。「どて煮」「味噌おでん」「カレーうどん」は地元票が多いと20位圏内に食い込んできます(ちなみに「カレーうどん」は名古屋で独自に進化した“名古屋流カレーうどん”が地元では浸透しています)。

「なごやめし総選挙」始まる! 地元ライターが独断でランキングを大胆予想(大竹敏之) - 個人 - Yahoo!ニュース

Nagoya Meshi Shitenno's battle for the first time?

While referring to these past rankings, we will anticipate the rankings in the general election, taking into account recent trends.

トップ争いは「ひつまぶし」「味噌煮込みうどん」「味噌カツ」の三つ巴。ごちそう感で他地域の人からの期待感が大きい「ひつまぶし」、日常食として名古屋人の支持を手堅く得るであろう「味噌煮込みうどん」がしのぎを削る中、専門店に食堂、弁当とすみずみまで票田をはり巡らす「味噌カツ」も“豚”視眈々と首位をうかがいます。

「手羽先」は「風来坊」「世界の山ちゃん」の2大チェーンが名古屋以外にも数多く出店しているので他地域から票を集めそう・・・と考えるのは早計。全国でウケる味のため逆にご当地限定のイメージは先の3品ほど強烈ではなく、一方で地元では居酒屋の肴としても家庭での惣菜としても親しまれているので、地元票の割合が増えるほどトップ3に食い込むチャンスも出てくるはずです。

この「名古屋めし四天王」に続くのは「きしめん」。伝統ある名古屋の郷土食で、全国的な知名度は名古屋めしの中でも随一。新幹線ホームの立ち食いの人気もあって、最も食べられている名古屋めしといって間違いないでしょう。一方で地元では長らくきしめん離れが進んでいたのですが、ここ数年じわじわ人気を盛り返し、昨年は話題の新店のブレイクもあって再評価の気運が本格化しています。ただし対象の28品目の中に「ころ(きしめん・うどん)」があり、票が割れそうなのが不安材料です。

「あんかけスパゲッティ」「台湾ラーメン」は熱烈なファンが多く、手土産にうってつけの「天むす」もコツコツ票を伸ばしそう。喫茶店の「モーニング」も他府県の人の期待が大きくあなどれない存在です。

ダークホースは「小倉トースト」。近年、おみやげスナックシーンで手羽先テイストに続くほど小倉トースト風お菓子が増えていて、さらに昨年は地元パンメーカーが共同でレシピ開発するなど俄然存在感が高まっています。パンメーカー各社のSNS発信も精力的で、関係者とファンによる組織票を集められる可能性もあり。1人何度でも投票できるというルールは小倉トーストの順位を大きく押し上げるかもしれません。

Announcement!

The top 10 Nagoya Mushi derived from these analysis.The "Nagoyashi General Election 2022 Ranking Forecast" by the author, Otake is as follows!

1st place miso stewed udon

2nd place Hitsumabushi

3rd place miso cutlet

4th place chicken wings

5th place Kishimen

6th place Ankake spaghetti

7th place Ogura Toast

8th place Taiwanese ramen

9th place morning

10th place Tenmusu

最も悩んだのはやはり1、2位。総選挙では「食べたい」と「推し」、候補選びのポイントとして2つのフレーズを併用していて、どちらに主眼を置くかが勝負の分かれ目になりそう。「食べたい」という視点で票を投じる人が多ければごちそうグルメの「ひつまぶし」が、日ごろから食べている料理を「推す」なら気軽に食べられる「味噌煮込みうどん」が優勢となるはずです。名古屋人の筆者としては、予想を的中させること以上に「推す」を優先し、普段食べる機会が多い味噌煮込みうどんを1位に挙げることにしました(悩みに悩んで3回書き直しました)。

The result announcement is March 4th.How much is my expectation?Please enjoy the answer.And you can participate in the election, increase your interest in Nagoya Meshi, and come to Nagoya to enjoy "I want to eat" and "push"!

(Top images are provided by Nagoya Kazushi Promotion Council, and all photos of Nagoya Meshi are photographed by the author)

Related Articles

 Masaki Aiba's "VS Damashii" member theme song project started!Shori Sato & Yuta Kishi laugh at orders in English

Masaki Aiba's "VS Damashii" member theme song project started!Shori Sato & Yuta Kishi laugh at orders in English

We take the place of ... Children who directly appealed to His Majesty the Emperor for the release of his father in the Nara period (December 11, 2021) --Excite News

We take the place of ... Children who directly appealed to His Majesty the Emperor for the release of his father in the Nara period (December 11, 2021) --Excite News

The 26-year-old who doesn't know love met ... "Literature Virgin-The Story of Late Blooming Love-" (November 22, 2021) --Excite News

The 26-year-old who doesn't know love met ... "Literature Virgin-The Story of Late Blooming Love-" (November 22, 2021) --Excite News

Experts praise Tsuyoshi Shinjo's "Big Boss Reform" "The Leader Theory is Equipped" (December 28, 2021) --Excite News

Experts praise Tsuyoshi Shinjo's "Big Boss Reform" "The Leader Theory is Equipped" (December 28, 2021) --Excite News