Grand opening, up to 15% off all items. Only 3 days left
{$article->category->title}}

【45歳からのやせる食べグセ】デブ味覚をリセットする「やせるだし」とは?(OurAge) - Yahoo!ニュース

【45歳からのやせる食べグセ】デブ味覚をリセットする「やせるだし」とは?(OurAge) - Yahoo!ニュース

配信

1コメント1件

【45歳からのやせる食べグセ】デブ味覚をリセットする「やせるだし」とは?(OurAge) - Yahoo!ニュース

からいりした煮干しとかつお節、刻み昆布、緑茶をミキサーで粉状にすれば完成。できあがったやせるだしは密閉容器に入れて冷暗所で2週間ほど保存可能

忙しさが続くとついついおろそかになりがちな食生活…。加工食品やファーストフードなど偏った食生活ばかりを送っていると、味が濃いものを好むようになり太りやすい“デブ味覚”に。今からでもできる“デブ味覚”のリセット方法は? ダイエット外来で健康的な減量プログラムをサポートする内科医の工藤孝文さんに聞いた。■「やせるだし」で味覚をリセット!濃い味が好きな“デブ味覚”の人は、1日1杯「やせるだし」を飲むと、深い旨味により、薄味でおいしく感じる“やせ味覚”に変わる。「作り方は、煮干し10gをフライパンでからいりし、パチパチと音がしてきたらかつお節30gを入れ、空気を含ませるように混ぜてさらにからいり。かつお節が手で握るだけで崩れるようになったら火を止め、ミキサーに入れ、刻み昆布10g、緑茶(茶葉)5gを加え、粉状になるまで攪拌。これを大さじ1杯、お湯に溶かして飲みましょう」(工藤先生)■飲みすぎは、枝豆でリカバー糖質や脂質の代謝、エネルギー転換を促す効果のあるビタミンB1やB2が多いのが枝豆。「枝豆には必須アミノ酸のメチオニンも多く、この成分はビタミンB1、ビタミンCとともにアルコールの分解を促し、肝臓の働きを助けます。枝豆には疲労回復効果のあるオルニチンも豊富。飲みすぎた翌日に食べれば、二日酔いも疲れも解消しやすくなります」話を聞いたのは工藤孝文さん福岡大学医学部卒業後、アイルランド、オーストラリアへ留学。現在、福岡県みやま市の工藤内科で、糖尿病内科、ダイエット外来、漢方治療を専門とし、地域医療にあたる。『ズボラな人でも コレステロールがラクラク下がる!』(永岡書店)など著書多数イラスト/本田佳世 構成・原文/和田美穂

【関連記事】

最終更新:OurAge

関連記事

僕たちが身代わりに…奈良時代、父の釈放を求めて天皇陛下に直訴した子供たち (2021年12月11日) - エキサイトニュース

僕たちが身代わりに…奈良時代、父の釈放を求めて天皇陛下に直訴した子供たち (2021年12月11日) - エキサイトニュース

相葉雅紀発案『VS魂』メンバー主題歌プロジェクト始動!佐藤勝利&岸優太、英語でのオーダーで爆笑をさらう

相葉雅紀発案『VS魂』メンバー主題歌プロジェクト始動!佐藤勝利&岸優太、英語でのオーダーで爆笑をさらう

恋を知らない26歳が出会ったのは...『文学処女‐遅咲きの恋のはなし‐』 (2021年11月22日) - エキサイトニュース

恋を知らない26歳が出会ったのは...『文学処女‐遅咲きの恋のはなし‐』 (2021年11月22日) - エキサイトニュース

新庄剛志の“ビッグボス改革”を専門家が絶賛「リーダー理論が備わっている」 (2021年12月28日) - エキサイトニュース

新庄剛志の“ビッグボス改革”を専門家が絶賛「リーダー理論が備わっている」 (2021年12月28日) - エキサイトニュース