Grand opening, up to 15% off all items. Only 3 days left
{$article->category->title}}

恋を知らない26歳が出会ったのは...『文学処女‐遅咲きの恋のはなし‐』 (2021年11月22日) - エキサイトニュース

恋を知らない26歳が出会ったのは...『文学処女‐遅咲きの恋のはなし‐』 (2021年11月22日) - エキサイトニュース

 男は女の手をとり、指をはむ。「あっ」。女は小さく声を上げ、恍惚の表情を浮かべる。その流れのままその先に進む――はずだった。

 LINEマンガに掲載の『文学処女 ‐遅咲きの恋のはなし‐』は、ちょっとオトナな恋愛が描かれた作品だ。

©Mayaka Nakano/LINE Digital Frontier

 主人公である文芸編集者の月白鹿子は、26歳にもなりながら、未だ恋を知らない。青春も恋愛も本に捧げ続けてきたために、現実の恋とは全くの無縁。

 しかしある日、"女癖が悪い"と噂の人気作家・加賀屋朔の担当になったことで、徐々に心境が変化し始める。

 加賀屋は噂通りに女癖が悪く、愛想も無かった。そのうえ雑用まで押し付けられ、初対面の印象は最悪。

©Mayaka Nakano/LINE Digital Frontier
©Mayaka Nakano/LINE Digital Frontier

 だが――。加賀屋の思わせぶりな態度。「僕の噂......知ってるんだろ?」といった曖昧な言葉。それらに翻弄されるうちに、鹿子は初めての恋心を抱き始めてしまう。

 加賀屋は人気作家で、雲の上の人。そもそも編集者として、作家と恋仲になってはいけない。でも――。初めての恋心に戸惑いながら、編集者として、そして一人の人間として、鹿子は加賀屋に向き合っていく。

「もっと理性が飛ぶような恋をしないと」

 加賀屋の思わせぶりな言葉と態度に、読んでいるこちらまで翻弄されてしまう。

 「もっと理性が飛ぶような恋をしないと」と告げ、鹿子の手をとり、指をはむ。その良い雰囲気のまま先に進むかと思えば、「なーんてね」と茶化して、鹿子を怒らせる。

©Mayaka Nakano/LINE Digital Frontier
©Mayaka Nakano/LINE Digital Frontier
©Mayaka Nakano/LINE Digital Frontier

 鹿子の遅い初恋は、どんな結末を迎えるのだろうか。

※画像提供:LINE Digital Frontier(BOOKウォッチ編集部)

この記事の画像

関連記事

僕たちが身代わりに…奈良時代、父の釈放を求めて天皇陛下に直訴した子供たち (2021年12月11日) - エキサイトニュース

僕たちが身代わりに…奈良時代、父の釈放を求めて天皇陛下に直訴した子供たち (2021年12月11日) - エキサイトニュース

相葉雅紀発案『VS魂』メンバー主題歌プロジェクト始動!佐藤勝利&岸優太、英語でのオーダーで爆笑をさらう

相葉雅紀発案『VS魂』メンバー主題歌プロジェクト始動!佐藤勝利&岸優太、英語でのオーダーで爆笑をさらう

恋を知らない26歳が出会ったのは...『文学処女‐遅咲きの恋のはなし‐』 (2021年11月22日) - エキサイトニュース

恋を知らない26歳が出会ったのは...『文学処女‐遅咲きの恋のはなし‐』 (2021年11月22日) - エキサイトニュース

40代らしくビッグシルエットを楽しむコツ「自分に合った“大きめ”を知る!」 (2021年8月28日) - エキサイトニュース

40代らしくビッグシルエットを楽しむコツ「自分に合った“大きめ”を知る!」 (2021年8月28日) - エキサイトニュース