Grand opening, up to 15% off all items. Only 3 days left
{$article->category->title}}

「『新しい企画』に囚われているから胃が痛くなる」 人気番組『逃走中』立案者が語る、 企画の「パターン」活用法

「『新しい企画』に囚われているから胃が痛くなる」
人気番組『逃走中』立案者が語る、
企画の「パターン」活用法

横串で部門を統括するという役目で得た「新たな学び」

小早川幸一郎氏(以下、小早川):ちょっと話をキャリアのところに戻して、(國友さんは)ヤフーで働かれてから、今度KDDIにいかれたんですよね。

「『新しい企画』に囚われているから胃が痛くなる」
人気番組『逃走中』立案者が語る、
企画の「パターン」活用法

國友尚氏(以下、國友):そうですね。KDDIは、全社CX責任者という立場で入らせてもらいました。CXってカスタマーエクスペリエンスの略なんですけれども、KDDIのインターネットの部門も、メディアも、コールセンターもauショップもそうなんですけど、「リアルにお客さまとつながる接点」を、すべて品質管理していく立場で入りました。

それこそ、テレビの世界であったりインターネットのヤフーの世界でそれなりの実績があったとしても、KDDIでは各部門の部門長を、横串で、横断的な活動を期待される立場だったので。共に仕事をする部門長の方々も全員10歳から15歳上の先輩方なんですよ。それを横断して統括するということで、またこれも違う「新しい学び」を得たというところはありますかね。

小早川:事前にいただいた視聴者の方からのご質問で、「自分1人で企画する場合と、チームで企画する場合との思考法での違いはありますか」という質問がありました。まさに横串ということは、チームで一体感を持ってやらないといけないと思うんです。高瀬さんにもお聞きしたいんですけど、なにか1人の企画とチームの企画の違いってありますかね。まず國友さんから。

関連記事

僕たちが身代わりに…奈良時代、父の釈放を求めて天皇陛下に直訴した子供たち (2021年12月11日) - エキサイトニュース

僕たちが身代わりに…奈良時代、父の釈放を求めて天皇陛下に直訴した子供たち (2021年12月11日) - エキサイトニュース

相葉雅紀発案『VS魂』メンバー主題歌プロジェクト始動!佐藤勝利&岸優太、英語でのオーダーで爆笑をさらう

相葉雅紀発案『VS魂』メンバー主題歌プロジェクト始動!佐藤勝利&岸優太、英語でのオーダーで爆笑をさらう

恋を知らない26歳が出会ったのは...『文学処女‐遅咲きの恋のはなし‐』 (2021年11月22日) - エキサイトニュース

恋を知らない26歳が出会ったのは...『文学処女‐遅咲きの恋のはなし‐』 (2021年11月22日) - エキサイトニュース

新庄剛志の“ビッグボス改革”を専門家が絶賛「リーダー理論が備わっている」 (2021年12月28日) - エキサイトニュース

新庄剛志の“ビッグボス改革”を専門家が絶賛「リーダー理論が備わっている」 (2021年12月28日) - エキサイトニュース