Grand opening, up to 15% off all items. Only 3 days left

【ホームズ】新築物件で後悔しがちなこと! 対応策も併せて紹介 | 住まいのお役立ち情報

新築物件で後悔しがちなこと

新築物件を取得した際に後悔してしまいがちなポイントは、大きく以下の4つに分けることができます。

ポイント

1位:間取りに関する失敗

2位:お金に関する失敗

3位:水回りに関する失敗

4位:収納に関する失敗

間取りについては、毎日の生活に直接関わるポイントなので、実際に住んでみてから不満を感じてしまうケースが少なくありません。

また、お金についても、住宅ローンの返済計画や予算の組み方など、考えなければならないポイントは数多くあります。

水回り、収納についてはプランが実現するまでなかなかイメージするのが難しい面もあるので、入居してから後悔してしまうポイントが多い項目といえるでしょう。

間取り変更可能な新築一戸建て特集注文住宅カタログを探す

後悔しがちなポイント1:間取りに関する失敗と対応策

まずは、間取りについて失敗しがちなポイントと対応策を解説します。

生活動線を考えていなかった

生活動線については、以下のような失敗例があります。

失敗例

間取りプランを考えるときには、実際に生活するイメージを膨らませながら、生活動線もシミュレーションしておくことが大切です。

プライベートスペースが少ない

広々としたLDKは、家族団らんの時間を過ごせる重要な空間ですが、あまり広くとりすぎるとプライベートスペースが不足してしまう要因になります。

家族構成やライフステージなどを考慮しながら、できるだけ長期的な視野で必要な部屋数を決めましょう。

リビングの音が寝室に響いてしまう

間取りプランによっては、リビングに隣接したエリアに和室を設けることも多いです。和室にはクッション性があるので、子どもが小さいうちは目の届くプレイスペースとして使えるなどの活用方法があります。

しかし、リビングに隣接した和室をメインの寝室として使おうとすると、どうしても家族の生活音が気になりやすいです。隣接した部屋とは反対側にテレビを配置できるようにするなど、レイアウトの工夫も必要となります。

後悔しがちなポイント2:お金に関する失敗と対応策

続いて、お金に関する部分での失敗と対応策を見ていきましょう。

頭金を入れすぎて手元の資金が少ない

住宅ローンを利用する際に頭金の割合が高ければ、その分だけ利息負担分が少なくなるので、総支払額は低くなります。

しかし、自己資金のほとんどを頭金にしてしまうと、家具・家電の購入費用や引越し費用などが足りず、資金計画に無理が生じるので注意が必要です。

また、住宅購入時には「諸費用」として一定割合の金額を現金で支払う必要もあります。そのため、頭金の目安は「自己資金-(諸費用+予備費+半年程度の生活費)」を上限に考えましょう。

地盤調査費や土地の改良費用を考えていなかった

【ホームズ】新築物件で後悔しがちなこと! 対応策も併せて紹介 | 住まいのお役立ち情報

土地を購入して注文住宅を建てる際には、場合によって地盤調査や改良費用が必要な場合があります。

特に、重量のある鉄骨造や3階建てを計画している場合は、木造の平屋や2階建てよりも地盤への負荷が大きくなるので、調査や改良費用がかかるケースも多いです。

これらの費用は、ハウスメーカーなどが出してくれる見積書に含まれていない可能性もあるので、あらかじめ確認しておくことが大切です。

予算オーバーで住宅ローン返済の負担が大きくなってしまった

住宅の価格には定価がないので、こだわればこだわるほど予算がかさんでしまうのが一般的です。

そのため、まずは現在の年収や勤務状況、今後のライフプランなどを踏まえながら、慎重に予算の上限を決めることからスタートすべきといえます。

返済できるかどうかギリギリのラインで住宅ローンを組むと、万が一収入が低下したり、働けなくなったりすれば、途端に家計が苦しくなってしまいます。

そのため、必要に応じてファイナンシャルプランナーなどの専門家にも相談しながら、最初にきちんと資金計画を立てましょう。

新築一戸建てを探す注文住宅の事例を探す

後悔しがちなポイント3:水回りに関する失敗と対応策

水回りは毎日使うスペースなので、ちょっとした欠点でも大きな不満につながりやすいポイントです。

トイレの音がリビングに聞こえてしまう

トイレの位置は、水回りのよくある失敗例として挙げられます。利用しやすさから考えれば、リビングのそばに設置するのもひとつの方法ですが、ほかの人にトイレの音が聞こえてしまう可能性があります。

トイレの設置場所は、移動のしやすさを考えつつも、適度に独立性があるエリアを見極めて、慎重に検討しましょう。

キッチンの収納が少ない

キッチンの使い勝手は、収納スペースや位置に左右される面も大きいです。

敷地の関係上、どうしてもキッチンスペースが限られてしまう場合は、冷蔵庫や食器棚などを設置するのに最低限必要な広さは確保できるようにプランを立てましょう。また、床下収納や壁面収納などのアイデアを取り入れてみるのもひとつの方法です。

キッチンについては、家族のなかでも頻繁に料理をする人の意見を大切にして、できるだけ使いやすくなるように配慮することが大切です。

掃除用具をしまうスペースがない

水回りで見落としてしまいがちなポイントとして、掃除用具の収納場所が挙げられます。洗面所やトイレまわりは空間が狭くなるため、必要最低限の広さを把握したうえで、収納スペースの確保を検討しましょう。

後悔しがちなポイント4:収納に関する失敗と対応策

続いて、収納で失敗しがちなポイントと対応策も紹介します。

収納スペースが狭い、数が足りない

敷地面積が限られている場合、リビングや居室を広くとろうとすると、どうしても収納スペースを削らざるを得ないこともあります。しかし、収納スペースがなければ荷物をしまえず、結局は部屋が狭くなってしまいます。

まずは、現在の住まいの収納スペースと荷物量を明確にして、最低限必要な広さを明確にしておくといいでしょう。

必要なところに収納スペースがない

収納スペースは広さや個数だけでなく、設置場所も重要となります。たとえば、アウトドアの趣味を持っている人は、外で使うものを収納しておく場所が必要なので、できるだけ玄関の近くに広めの収納スペースを確保したいところです。

このように、ライフスタイルや普段の生活の様子を通して、最適な設置場所を検討しておくことも大切となります。

スペースに対して間口が狭い

収納スペースは、間口の広さも重要となります。大きめの荷物もしまえるようにせっかく広めのスペースを確保しても、間口の広さによっては計画どおりに入れることができないといったケースもあります。

また、収納場所と対面の壁との距離、扉のタイプ(開き戸や引き戸など)によっても使い勝手が異なるので、実際の利用をよくイメージして設置しましょう。

中古一戸建てを探す生活動線にこだわる住宅カタログを探す

新築物件で後悔しないために「住まいの窓口」を活用しよう

初めて新築物件を取得するときには、どうしても客観的な視点に欠けて、後悔しがちなポイントに気づかないことも多いものです。そこで役立てたいサービスが、LIFULL HOME’Sの「住まいの窓口」です。

住まいの窓口では、専門的な知識を持ったハウジングアドバイザーが、住まいに関するあらゆる相談に無料で何度でも対応してくれます。

住まいの条件整理や予算の組み方など、幅広いテーマに応じてもらえるので、初めてのマイホーム購入時も安心してプランを立てられます。

また、個別の家計に応じた住宅ローン返済計画などを相談したい場合は、ファイナンシャルプランナーなどの専門家を紹介してもらうことも可能です。

マイホームの取得で後悔しないためには、何よりも自身が納得した状態で向き合うことが大切なので、サービスを上手に活用してみてください。

まとめ

一戸建てを探す注文住宅を探す無料でアドバイザーに相談する

関連記事

すべてのレストランは台所の設備が必要です。

すべてのレストランは台所の設備が必要です。

イケアのウッドボックスは、朝ごはんのパパっと準備に大活躍してくれました!ほかにも使いどころがありすぎるんだよな~

イケアのウッドボックスは、朝ごはんのパパっと準備に大活躍してくれました!ほかにも使いどころがありすぎるんだよな~

子ども4人・フルタイム勤務でもキッチンカウンターを常にきれいに保つ方法(サンキュ!) - Yahoo!ニュース

子ども4人・フルタイム勤務でもキッチンカウンターを常にきれいに保つ方法(サンキュ!) - Yahoo!ニュース

lifehacker
lifehacker LifeHacker LifeHacker 【2021年】食洗機のおすすめ7選|高コスパ&コンパクトな商品も紹介

lifehacker lifehacker LifeHacker LifeHacker 【2021年】食洗機のおすすめ7選|高コスパ&コンパクトな商品も紹介