Grand opening, up to 15% off all items. Only 3 days left
{$article->category->title}}

日本公開が決定した映画『シラノ』、サウンドトラックが配信スタート

日本公開が決定した映画『シラノ』、サウンドトラックが配信スタート

ピーター・ディンクレイジ主演、ジョー・ライト監督で、先日予告編が公開されたミュージカル映画『シラノ』。2022年2月25日に日本公開が決定した期待の作品だが、サウンドトラックの配信が本日からスタート。また、日本公開日の2月25日に国内盤がリリースされることも決定した。

Someone To Say (Single Version / From ''Cyrano'' Soundtrack / Lyric Video)

本作の音楽は米国を代表するロック・バンドであるザ・ナショナルのブライス・デスナーとアーロン・デスナーの兄弟が担当。作詞で同バンドのフロントマンであるマット・バーニンガー、そして作曲家のカリン・ベッサーも参加している。録音はアビイ・ロード・スタジオで行われ、映画の美やロマンス、そしてむき出しの感情といった要素を強調することに成功している。さらに映画のエンド・クレジットでフィーチャーされている楽曲「サムバディ・デスパレート」はザ・ナショナルとして作曲・演奏された完全な新曲となっている。

The National – Somebody Desperate (From ''Cyrano'' Soundtrack / Lyric Video)

サウンドトラックには、主演のピーター・ディンクレイジ、ヘイリー・ベネット、ケルヴィン・ハリソン・Jr、グレン・ハンサードといったキャストによる歌唱もフィーチャーされており、また演奏もロンドン・コンテンポラリー・オーケストラやピアニストのヴィキングル・オラフソンといった豪華な布陣となっている。

特にヴィキングル・オラフソンはサウンドトラックの大部分に参加し、「セイイング・グッドバイ」という楽曲ではソロ・ピアノを披露するなど大きくフィーチャーされており、映画ファンやミュージカル・ファンのみならずクラシック・ファンにとっても注目の内容だ。

日本公開が決定した映画『シラノ』、サウンドトラックが配信スタート

■映画公開情報

映画『シラノ』 2022年2月25日(金) 日本公開監督:ジョー・ライトキャスト:ピーター・ディンクレイジ、ヘイリー・ベネット、ケルヴィン・ハリソン・Jr、ベン・メンデルソーン、他配給:東宝東和映画『シラノ』公式サイト


■リリース情報2022年2月25日発売『シラノ』オリジナル・サウンドトラックCD / Apple Music / Spotify /Amazon Music


Share this story

関連記事

僕たちが身代わりに…奈良時代、父の釈放を求めて天皇陛下に直訴した子供たち (2021年12月11日) - エキサイトニュース

僕たちが身代わりに…奈良時代、父の釈放を求めて天皇陛下に直訴した子供たち (2021年12月11日) - エキサイトニュース

相葉雅紀発案『VS魂』メンバー主題歌プロジェクト始動!佐藤勝利&岸優太、英語でのオーダーで爆笑をさらう

相葉雅紀発案『VS魂』メンバー主題歌プロジェクト始動!佐藤勝利&岸優太、英語でのオーダーで爆笑をさらう

恋を知らない26歳が出会ったのは...『文学処女‐遅咲きの恋のはなし‐』 (2021年11月22日) - エキサイトニュース

恋を知らない26歳が出会ったのは...『文学処女‐遅咲きの恋のはなし‐』 (2021年11月22日) - エキサイトニュース

新庄剛志の“ビッグボス改革”を専門家が絶賛「リーダー理論が備わっている」 (2021年12月28日) - エキサイトニュース

新庄剛志の“ビッグボス改革”を専門家が絶賛「リーダー理論が備わっている」 (2021年12月28日) - エキサイトニュース