Grand opening, up to 15% off all items. Only 3 days left
{$article->category->title}}

「人生に飽きて」来日 北欧人女性が会いたかった日本人とは (2021年10月5日) - エキサイトニュース

「人生に飽きて」来日 北欧人女性が会いたかった日本人とは (2021年10月5日) - エキサイトニュース

やりがいを感じない仕事と同じように過ぎていく毎日に飽き飽きして、人生をリセットする妄想をしたことがある人は少なくないはず。今の生活のすべてを中断して、ずっと我慢してきたことや子どもの頃からの夢を追ってみる。妄想は膨らむが、やはり「決断」はなかなかできない。

それでも思い切ってやってみると、人生の転機になることがある。『清少納言を求めて、フィンランドから京都へ』(ミア・カンキマキ著、末延弘子訳、草思社刊)は、それまでの生活から離れて、フィンランドから日本にやってきた女性によるエッセイだ。

■「人生に飽きた」フィンランド人女性が日本にやってきた理由

毎日同じ時間に起きて、会社に行き、会議に出て、帰る。この繰り返しにうんざりしていた著者はある時一念発起。長期休暇をとって一年間日本を旅することを決める。目当てはかねてから思いをはせていた平安時代の文化であり、清少納言だった。となると、日本での拠点は京都だ。

著者によると、およそ千年前に清少納言が書物のなかで着目していたことが、時代も生まれた国も違う著者には不思議と身近に感じられていたという。そして『枕草子』に代表される「随筆」は、個人を話題にしていたり、断片的だったりと、現代のブログに通じるように思えた。筆者にとって清少納言は、個人としての共感の対象であり、時間を超えた現代性を持つ存在だったようだ。

【次のページ】清少納言に心から共感し、生活のことあるごとに彼女を思い出す人というのは日...

関連記事

僕たちが身代わりに…奈良時代、父の釈放を求めて天皇陛下に直訴した子供たち (2021年12月11日) - エキサイトニュース

僕たちが身代わりに…奈良時代、父の釈放を求めて天皇陛下に直訴した子供たち (2021年12月11日) - エキサイトニュース

相葉雅紀発案『VS魂』メンバー主題歌プロジェクト始動!佐藤勝利&岸優太、英語でのオーダーで爆笑をさらう

相葉雅紀発案『VS魂』メンバー主題歌プロジェクト始動!佐藤勝利&岸優太、英語でのオーダーで爆笑をさらう

恋を知らない26歳が出会ったのは...『文学処女‐遅咲きの恋のはなし‐』 (2021年11月22日) - エキサイトニュース

恋を知らない26歳が出会ったのは...『文学処女‐遅咲きの恋のはなし‐』 (2021年11月22日) - エキサイトニュース

40代らしくビッグシルエットを楽しむコツ「自分に合った“大きめ”を知る!」 (2021年8月28日) - エキサイトニュース

40代らしくビッグシルエットを楽しむコツ「自分に合った“大きめ”を知る!」 (2021年8月28日) - エキサイトニュース