Grand opening, up to 15% off all items. Only 3 days left

Toffy、豆の挽き具合を無段階で調整できる全自動コーヒーメーカー - 家電 Watch

ニュース

2021年12月7日 14:16

Toffy 全自動ミル付カスタムドリップコーヒーメーカー「K-CM9」

ラドンナは「Toffy(トフィー)」ブランドから、「Toffy 全自動ミル付カスタムドリップコーヒーメーカー K-CM9」を12月21日に発売する。価格は29,700円。

本体

豆の挽き具合を無段階で調整できる、挽き目調節ダイヤルを搭載したコーヒーメーカー。豆挽きからでも、粉からのドリップにも対応する。一度に1~5杯の抽出が可能。

Toffy、豆の挽き具合を無段階で調整できる全自動コーヒーメーカー - 家電 Watch

使い方は、まず本体上部のタンクに豆を入れる。フタを閉め、挽き目調節ダイヤルで好みの挽き具合を選択。タンクに水を入れて、モード、抽出温度、杯数、アロマを設定。ドリップボタンを押すとドリップが開始し、挽きたてのコーヒーが飲める。

豆挽きからでも粉からでもドリップ可能使い方

モードは、豆から挽いてコーヒーを淹れる場合は「BEAN」、粉からコーヒーを淹れる場合は「POWDER」、豆挽きのみ行なう場合は「GRIND」を選択。抽出温度は、約90℃の「HI」、約83℃の「LOW」、アイスコーヒーを作る場合は「ICE」の3種類から選択可能。アロマは、連続抽出する「MILD」、蒸らしながら間欠抽出する「MEDIUM」、蒸らしながらゆっくり間欠抽出する「STRONG」から選べる。

なお、各種の設定を行なっている際は、設定中のボタンのLEDランプが点滅する。LEDランプが点灯しているボタンを、順に押していくと設定が完了。LEDランプが操作手順をエスコートしてくれ、はじめて使う際にも迷わず操作できるという。

操作パネル

コーヒーの抽出・豆挽きの完了時間を設定できるタイマー機能を備えている。そのため、忙しい朝でも淹れたてのコーヒーを楽しめる。

本体サイズは約170×325×430mm(幅×奥行き×高さ)。重さは約4.6kg。電源はAC100V(50/60Hz)。水タンク容量は650ml。ミル方式はコーン式。コーヒーミル最大容量は120g。定格消費電力は980W。電源コード長は約0.8m。本体カラーはリッチブラック。

関連記事

2030年にはAIコンシェルジュは実現する?KDDIの研究開発がつなぐ未来の姿(前編)|TIME&SPACE by KDDI

2030年にはAIコンシェルジュは実現する?KDDIの研究開発がつなぐ未来の姿(前編)|TIME&SPACE by KDDI

lifehacker
lifehacker LifeHacker LifeHacker 玄関での梱包カットに便利なカラビナ。医療用の刃が切れ味抜群!【今日のライフハックツール】

lifehacker lifehacker LifeHacker LifeHacker 玄関での梱包カットに便利なカラビナ。医療用の刃が切れ味抜群!【今日のライフハックツール】

Gmailのたまった不要メールを全削除する方法|@DIME アットダイム

Gmailのたまった不要メールを全削除する方法|@DIME アットダイム

【2021年】電子レンジとオーブンの最新おすすめ11選!選び方のポイントも徹底解説

【2021年】電子レンジとオーブンの最新おすすめ11選!選び方のポイントも徹底解説