Grand opening, up to 15% off all items. Only 3 days left
{$article->category->title}}

スマートケトル市場―通信プロトコル別、オペレーティングシステムタイプ別、電力定格タイプ別、エンドユーザー別(スーパーマーケット、専門店、オンラインチャネル)-グローバル需要分析と機会の見通し2028年

スマートケトル市場―通信プロトコル別、オペレーティングシステムタイプ別、電力定格タイプ別、エンドユーザー別(スーパーマーケット、専門店、オンラインチャネル)-グローバル需要分析と機会の見通し2028年
Kenneth Research
Research Nester Private Limitedは調査レポート「スマートケトル市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」2022年01月 28日 に発刊しました。このレポートは、2020-2028年の予測期間中に市場の成長を促進すると予測されるいくつかの要因とともに、成長ドライバー、市場機会、課題、脅威などの市場ダイナミクスを強調しています。さらに、このレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、いくつかの分析ツールを利用して予測評価を提供します。レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-2773スマートケトルは、スマートフォンのアプリケーションに接続し、ケトルが水を沸騰させる温度を制御できるようにするケトルです。 スマートケトルにより、消費者はどこからでもケトルのオン/オフを切り替えることができ、本質的に時間を節約できます。このスマートケトルは、時間のスケジュール設定、ユーザーが現在ケトル内の水を測定できるようにする、正確な温度制御、スマートケトルのリアルタイム更新などの多くの機能を提供します。スマートケトルは操作が便利で、効率的に使用できます。スマートケトルの市場は、2020ー2028年の予測期間中に、約19%の大幅なCAGRを記録すると予想されます。スマートケトルの人気の高まり厨房機器業界の成長と省エネの進歩に対する消費者の嗜好の変化により、消費者の間でスマートケトルの人気が高まっています。さらに、労働人口の増加、および仮想キッチンの成長傾向は、市場の成長を推進しています。技術のアップグレードにより、消費者はスマートフォンを介してこれらのスマートケトルを簡単に制御できるようになります。さらに、Amazonエコーや改善されたセキュリティとインテリジェントセンサーなどのデジタルアシスタントアプリケーションの導入により、スマートケトルの需要が高まっています。スマートケトル市場のセグメンテーション概要スマートケトル市場は通信プロトコル別(Bluetooth、Wi-Fi、音声対応など)、オペレーティングシステムタイプ別(AndroidおよびiOS)、電力定格タイプ別(最大1200W、1200-1800W、および1800-3000W)、エンドユーザー別(スーパーマーケット、専門店、オンラインチャネルなど)によって分割されます。また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれます。

スマートケトル市場はさらに、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、中東・アフリカなど地域によって分割されます。スマートケトルのアジア太平洋地域の市場は、ライフスタイルの変化と健全な経済成長により、この地域を支配すると推定されています。さらに、インドや中国などの最も急速に成長している経済の存在は、この地域での人工知能や音声対応サービスなどのスマートテクノロジーの浸透を高めています。さらに、中国は、スマートケトルの需要を推進している地域に多数のメーカーが存在するため、いくつかのスマート家電を提供しています。スマートケトル市場は地域に基づいてさらに区分されます。エレクトロニクス業界の絶え間なく変化する分野の結果、仮想現実、ロボット工学、人工知能、モノのインターネット、デジタル変換などの高度な技術革新に投資のため、主要なエレクトロニクス企業とテクノロジー企業の間で競争が激化しています。ユネスコ統計研究所によると、2017年の世界の研究開発費(GDPに占める割合)は2.09から2.21 に増加しました。さらに、テクノロジーベースの商品のインポートとエクスポートの増加、および常に進化するテクノロジーにより、多くの業界で大きな変化が観察されています。UNCTAD(国連貿易開発会議)が提供する統計によると、全体の情報および通信技術製品の割合(コンピューター、周辺機器、通信、家電製品など)の輸出に占める割合は、2012年から2017年の間に、2012年に10.5%から2017年の11.5%に大幅に増加しました。これらの要因は、今後数年間でスマートケトル市場の成長を牽引すると予想されます。スマートケトル市場におけるキープレイヤーこのレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来のスマートケトル市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。スマートケトル市場における業界のリーダーはBreville Inc 、Smarter Applications Limited、Brewista Inc.、Xiaomi、AppKettle、Fellow Industries、Chef’s Choice by EdgeCraftなどです。レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-2773調査レポートの詳細内容についてhttps://www.researchnester.com/reports/smart-kettle-market/2773Research Nester Private Limited会社概要LAMORI PRIVATE LIMITEDのグループ会社であるResearch Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。https://www.researchnester.com/電話: US+1 646 586 9123電話: UK +44 203 608 5919Eメール: info@researchnester.com※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. スマートケトル市場―通信プロトコル別、オペレーティングシステムタイプ別、電力定格タイプ別、エンドユーザー別(スーパーマーケット、専門店、オンラインチャネル)-グローバル需要分析と機会の見通し2028年
種類
調査レポート
ビジネスカテゴリ
調理・生活家電電子部品・半導体・電気機器
キーワード

スマートケトル市場―通信プロトコル別、オペレーティングシステムタイプ別、電力定格タイプ別、エンドユーザー別(スーパーマーケット、専門店、オンラインチャネル)-グローバル需要分析と機会の見通し2028年

関連記事

2030年にはAIコンシェルジュは実現する?KDDIの研究開発がつなぐ未来の姿(前編)|TIME&SPACE by KDDI

2030年にはAIコンシェルジュは実現する?KDDIの研究開発がつなぐ未来の姿(前編)|TIME&SPACE by KDDI

lifehacker
lifehacker LifeHacker LifeHacker 玄関での梱包カットに便利なカラビナ。医療用の刃が切れ味抜群!【今日のライフハックツール】

lifehacker lifehacker LifeHacker LifeHacker 玄関での梱包カットに便利なカラビナ。医療用の刃が切れ味抜群!【今日のライフハックツール】

ゲーミングPCもついに“開封の儀”を楽しめる時代に。GALLERIAの“箱”リニューアルレポート - GAME Watch

ゲーミングPCもついに“開封の儀”を楽しめる時代に。GALLERIAの“箱”リニューアルレポート - GAME Watch

寒い冬はどうやって換気する? 窓を開けずに換気量アップする方法 - 家電 Watch

寒い冬はどうやって換気する? 窓を開けずに換気量アップする方法 - 家電 Watch